「フィフティ ファゾムス MIL-SPEC」へのオマージュ

Share

ブランパンは、1950年代に発表した水密性表示機能搭載の「フィフテ ィ ファゾムス」ヴィンテージモデルを再解釈し、新作を発表します。

「フィフティ ファゾムス」の歴史は、2組の男たちの想いが一体化することによ り始まりました。その一方が、1950年から1980年までの30年にわたりブランパンの CEOを務め、ダイビングに情熱を注いだ、ジャン-ジャック・フィスター。もう一方 が、フランス海軍潜水戦闘部隊の創設者であり、海中での任務遂行のために信頼で きるダイバーズウォッチを必要としていたロベール・“ボブ”・マルビエ大尉とク ロード・リフォ中尉です。

1950年代初頭、ジャン-ジャック・フィスターはスポーツダイビングのパイオニアで した。自らの経験に基づき、彼はダイバーの命を守れるかどうかは信頼できる計時 装置があるかどうかにかかっているにも関わらず、そうした時計が販売されていな いことを知ります。そこでブランパンのトップとして彼は、自社の時計師たちに水 中での正確な計時という難題に取り組むよう指示したのです。まず取り組むべき基 準が「防水性」であることは明らかでした。この問題を解決するため、フィスター は二重密閉構造のリューズシステムの開発に取りかかります。これによって、潜水 中に誤ってリューズが引き出されてしまった場合でも、腕時計の中に水が入り込む のを防ぎ、内側に2つ目のパッキンが配されていることで、腕時計の水密性が保証 されます。ジャン-ジャック・フィスターはこの発明で特許を取得します。そしてま た、ケースバックの密閉システムにおいても特許を取得しました。他の既存のシス テムで固定されたケースバックでは、ケースバックを密閉するために使われるOリン グがケースバックをネジで固定する際に歪んでしまうことがあるため、実際に問題 が頻発していました。このリスクをなくすため、フィスターは補助的なメタルディ スクによってOリングが挿入され定位置で固定される方法を考案したのです。

フィスターはさらにもう1つの問題に立ち向かいます。潜水時間を測るために使う ことができる安全な回転ベゼルの開発です。彼が考えたのは、ベゼルを回転させ て、ゼロ位置を分針に合わせるというものでした。これによって、ダイバーは分針 を使ってベゼルに表示された目盛りを読み取ることで潜水時間を知ることができま す。このような問題に取り組んだのは、フィスターが安全性を中心に考えていたこ とを物語っています。誤ってベゼルが動いてしまうことで正しく計時が行われず、 それが悲劇的な結果をもたらすことがあります。このためフィスターは、ベゼルが 誤って回転してしまうことを防ぐロック機構を完成させました。これによってもま た、特許を取得しました。後にブランパンは、逆回転防止ベゼルを導入しますが、 これも同様に潜水中の安全性確保のための機能です。

また視認性は、特に濁った水中の場合には極めて重要な要因であると認識されてい ました。そこでフィスターは、「フィフティ ファゾムス」の直径を大きくし、イ ンデックスと針にホワイトの蛍光塗料を塗布することで、ブラックの文字盤とのコ ントラストを高めるというアイデアを考案したのです。ムーブメントを自動巻にす るということも彼にとって重要な考えでしたが、それは自動巻にすることで、手巻 に比べリューズの摩耗を減らすことができるからでした。

これと並行して、1952年初頭、自らの海中での任務遂行に見合ったダイバーズウ ォッチを見つけ出そうというマルビエ大尉とリフォ中尉の探求が始まります。彼ら は、ダイバーにとって絶対に欠かすことのできない装備になるであろうダイバーズ ウォッチを見つけるため、共同で彼らの基準に見合う計時装置の具体的な基準をリ ストにまとめました。フランスのある防水時計を使って行った最初のテストの結果 は惨憺たるものでした。小さすぎて文字盤がほとんど読み取れず、ケースは防水と は程遠い代物だったからです。

こうした2組の確固としたビジョンを描く男たちの進む道がいよいよ交差しま す。1953年、ブランパンはこのフランス海軍の部隊にダイバーズウォッチを納品 し、彼らの基準を完全に満たしているかどうかの試験が行われることになったので す。この時計は全てのテストにおいて素晴らしい結果を収め、フランス海軍潜水戦 闘部隊にとって欠かすことのできない装備の1つとなりました。その後、同様のこ とが各国の海軍で起こります。まさに唯一無二のダイバーズウォッチ、それが「フ ィフティ ファゾムス」だったのです。

ジャン-ジャック・フィスターは、ダイバーの安全性という彼がこれまで没頭して きた問題に取り組み続け、「フィフティ ファゾムス」に新たな機能が組み込まれ ます。それが、水密性を確認するディスクです。何らかのアクシデントがあって、ケースの中に液体が入り込んだ場合、6時位置にあるディスクがホワイトからレッ ドに変わることによって異常を知らせます。「フィフティ ファゾムス」モデルの 文字盤に表示されるこのディスクは、「MIL-SPEC 1」と呼ばれ、海軍の厳しい基準 を満たすものとして1957年から58年にかけて開発されました。1958年初頭、アメリ カ海軍が海中での任務で使うことのできるダイバーズウォッチの仕様を決めるとい う目標を掲げ、様々なダイバーズウォッチのテストを行いました。このテスト結果 を受けて、フィフティ ファゾムスは米国海軍のダイバーたちの手首に装着されるよ うになり、米国で行われるそれ以降の製造基準となったのです。やがてブランパン は、海軍水中爆破部隊や海軍特殊部隊のエリート隊員用に「MIL-SPEC 1」ウォッチ を供給する契約を米国海軍と締結します。その後1960年代初頭、こうしたダイバー ズウォッチは「MIL-SPEC 2」へと進化し、「Tornek-Rayville」の名前から、「TR- 900」と呼ばれるようになります。米国海軍の要求規格であった水密性表示ディス クがすべてのモデルに搭載されていました。

2017年の新作モデル

「フィフティ ファゾムス MIL-SPEC」へオマージュを捧げるこのモデルには、210個 の部品で構成され、2つの主ゼンマイを収めた香箱が4日間のパワーリザーブを実現 するブランパン自社製自動巻キャリバー1151が搭載されています。ステンレスステ ィール製の直径40mmケースに収められたムーブメントも、NAC(プラチナ合金)コ ーティングされブランパンのロゴが刻印されたゴールド製ローターもサファイアケ ースバックから見ることができます。ヒゲゼンマイはシリコン製で、多くの優れた 性質を持っています。その特性は、まず軽くて衝撃に強く、次に磁気に対する耐性 も備えていることが挙げられます。そしてシリコン製ヒゲゼンマイは最適な形に仕 上げることができ、それによってムーブメントの等時性が改善され、時計の精度も 向上しています。

もちろんこの新作モデルにも1953年に発表されたオリジナルの「フィフティ ファ ゾムス」が実現した特徴とその後時計業界全体が追随したダイバーズウォッチなら ではの機能が組み合わされています。ブラックの文字盤はスーパールミノヴァが塗 布されたインデックスと、1950年代モデルのMIL-SPEC 1のデザインを想起させる水 密性表示ディスクが特徴です。耐傷性の強いサファイアで覆われた逆回転防止ベゼ ルは、2003年のフィフティ ファゾムス誕生50周年に初めて登場したブランパンの 革新性を示す機能で、その下に表示される夜光インデックスを保護しています。

このダイバーズウォッチは水深300mに相当する30気圧防水を備えています。500本 の限定製造で、ストラップは、NATOストラップ、セイルキャンバスストラップ、ま たはスティール製ブレスレットのタイプがあります。